Monthly Casuhous ( ゜∋゜) Carp

カープファンの家造りブログです。

建築中 残念ポイント(予定含む)1~3

建築中ですが、早々に残念ポイントを発見、発掘しています。

そんな残念ポイントを披露していいくシリーズです。

もちろんシリーズ化しない事を望んでいます(笑

 

ブログ情報では「後悔、残念ポイント」、「間取り」を一番参考にしました。

真っ先にチェックするのもその部分でしたので、早々にアップしていきます。

 

 

(予定)とあるのは、竣工後に杞憂に終わる可能性があるものです。そうなる事を祈りつつスタートです(笑

 

 

 

 

 

 

では残念ポイント3(予定)

 

 

 

採光です。

 

 

 

f:id:hirosshiii:20171017093955j:plain

 

画像では明るく感じるかもしれませんが実際は暗いです。

もし明るく感じるとすれば、下地のモイスTMと白い養生シートの効果かと思います(笑

雪の日でもない限り外が白くなるハズは無く(笑

恐らく、この画像がMAXかと。

 

 

それにしても窓が小さかったか、枠が太かったか。

APW430の枠が思いのほか太く、2,200㎜の高さ感が無いです。

 

白系のクロスを張れば違う、という情報はちらほら散見される意見ですが、既にこれ以上無い位に白で囲まれています(笑)。

元々開口部を極力設けない作戦だったので、窓はこれ以上増やす気は無かったですし、窓を大きくしようと迷ったのも1箇所だけなので、実際に生活して暗かったら諦めます(苦笑

 

これでも蜷川アドバイスで面積を増やしたので、杞憂に終わればこの点は感謝(予定)です(笑

 

外構でテラスにガッツリとガルバ屋根を施工する予定でしたが、明るさによってはポリカも検討しないといけません。

 

 

 

そんな残念ポイント3でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに残念ポイント2(決定)は最初の大工

 

 

 

そして栄えある残念ポイント1は、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

( ゜∋゜)

(予定)です(笑

 

 

 

建築中残念ポイントは10まででお願いしたい。。。

ペンペン草も生えない緒方カープの起用法と戦力外希望

緒方カープが優勝を決めました。

 

これも偏にリリーフが頑張ったからです。

 

 

優勝の可能性がある試合を2試合見る事ができました。

残念ながら目の前で胴上げは見ることが出来なかったのですが、

緒方が宙を舞うなんて見たくないなーとも思ってました(笑

 

 

 

 

それにしても、緒方の起用法によく耐えてシーズンを終えたリリーフ陣には、本当に感謝しかありません。

緒方には本当に反吐しかありません(苦笑

 

投手コーチの起用法かもしれませんが、責任は監督です。

 

 

先発が5回程度しか保たない、そんな先発達を使い続けた緒方のアホに乾杯です(苦笑

 

 

 

 

そこでいかにリリーフが支えたかをデータから読み取りたいと思います。

全て小数点以下切り捨てです。 

 

 

まず屋台骨となったリリーフ陣。

 

16 今村 68試合 64回1/3

58 ジャクソン 60試合 62回

30 一岡 59試合 58回1/3

21 中崎 59試合 57回2/3

26 中田 53試合 46回2/3

 

レギュラーシーズン142試合で引き分けを無いと仮定すると、合計1,278回プレーします。

 

投球イニング率は、今村5%、ジャクソン4.8、一岡4.5、中崎4.5、中田3.6。

5人合計で22.6%です。

 

既にこの5人で全体の1/4近くを投げている計算となります。

 

 

 

その一方、先発陣ですが、

先発固定され一年通した選手は大目に見て僅か3名。

一年通してという部分ですが、厳密に見ると、大瀬良は微妙、岡田はアウトです。

 

19野 村 25試合 155回1/3 先発率100%

14大瀬良 24試合 145回2/3 先発率100%

17岡 田 24試合 141回2/3 先発率91%(先発22試合)

 

この3人合計で34.6% 

コレ、マジショボイですね。

 

 

先発 ⇔ 中継ぎの人。

 

23 薮田 38試合 129回 先発率34%(先発13試合)

12 九里 35試合 116回1/3 先発率37%(先発13試合)

 

イニング率は19.1%です。

 

 

 

故障、途中から一軍のほぼ先発のみで起用された選手。

 

67中村祐 15試合 74回2/3 先発率93%(先発14試合)  

42ジョンソン 13試合 76回1/3 先発率100%

 

イニング率は11.8%です。

 

 

 

その他先発した面々。

 

11「もう飽きました」の福井 5試合 5先発 27回2/3

13「期待はずれ」の加藤 7試合 5先発 29回1/3

53「何してんの?」の戸田 3試合 1先発 7回1/3

28「早く怪我治してね」の床田 3試合 3先発 17回1/3

46「来年に期待」の高橋 10試合 1先発 14回

 

この人達合計で7.4%

 

 

何が言いたいかと云いますと、

本当に必要な時にエースリリーフを使っているのか?

という点を考えてみて欲しいのです。

 

僅か5名で22.6%、そして299試合登板。

3連投も当たり前。少々異常です。

 

 

全体の傾向として継投野球になっている

 

先発は6~7回、そして継投策。この傾向は年々顕著になっています。

メジャーの100球制限などから影響されたと考えています。

 

しかしメジャーは中4日、NBPの中6日、週1回登板とは違うのです。

もちろん球数が多く投げろと言っている訳ではありません。

ただメジャーと同じに考える必要は無く、また先発がイニングイーターに成れないのならば、中継ぎの負担が増す。

であれば年俸でも先発と同じ昇給となるように査定するべきですし、制度を変更して登録人数を少し増やすというのも有りかと思います。

 

 

改めて、今回カープは連覇を成し遂げました。

それは緒方のリリーフ陣の負担を顧みない起用があったからこそです。

野村謙二郎時代も含めていペンペン草も生えない状況になりつつあります。

来年も指揮をとる緒方には、リリーフに敬意を払い、取る試合、捨てる試合、しっかり選別し、捨てる試合は亜蓮のロングリリーフ、サブ外人のロングリリーフ(今シーズンで言うならブレイシア)、先発落第の投手のロングリリーフ(今シーズンで言うならジョンソン、時に大瀬良、岡田)でお願いします。

 

 

 

 

戦力外、トレード希望選手

 

ペンペン草な起用法のため、投手陣の底上げは急務です。

代謝を促進させるためには早めの戦力外、トレードしかりません。

燻っている、役に立たない方々には早々に去って頂きましょう。

 

 

投手:引退

20 永川 :功労者ですが、もういいでしょう。

47 小野 :待ってても意味ないでしょう。

ヨカッタ。

39 飯田 :早めに第二の人生を。

66 ヘーゲンス :終わりました。

70 ブレイシア :イニングイーター契約なら残留

24 横山 :2年目と早いですが、第二の人生を。

62 今井 :2軍ではまぁまぁなので迷うとこですが。

コレマタヨカッタ。

 

投手:トレード

11 福井 :福井劇場、飽きましたね。

22 中村恭平:一皮剥けないでしょう。

 

 

野手:引退

6  梵  :お疲れ様でした。

まだやるの?

32 白濱 :何に気を使ってクビにしないのか?

       ドラ1だからか?

0  上本 :打撃がひどすぎるので。

64 多田 :年齢の近い捕手が多いので。

見込みが無いなら早い方がいいですね。

38 赤松 :育成再契約にするか引退か

43 土生 :伸びしろがねぇ。

 

野手:トレード

 10 岩本 :今の戦力で要りますか? キャラ良しの地元ドラ1なので解説ポスト沢山。でも戦力にはなるので他球団にてもう一花。

 

 

 

 

 

まだまだ投手データは深堀したかったのですが、膨大になりすぎたので中途半端にて終了します(苦笑)。

忙しすぎる・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クレーム後の現場にてⅡ

( ゜∋゜) から大工さんが見つかったと報告があったのは2日後でした。

 

あっさり見つかったので少々驚きましたが、引き渡しが延期するのは最小限に留めたいので非常に嬉しかったです^^

 

山本という名の大工さんは、ベテランの域を少し超えつつある方ですが(笑)、手間請けとして仕事をしており、和風もOKのナイスガイです。そして複数の業者さんから丁寧と評判なのでひとまず安心です。

 

ただ今までのように下手な棟梁と下手仲間たち1~2名体制では無く、殆ど1人で作業をされるので工期は若干延びると話がありました。
丁寧にやってもらえれば何でもOKです。

 

 

 

 

 

改めて今回の件を振り返ってみる

 

何故そうなったかのある程度記事にしたので割愛しますが、

 

 

兎に角、今回のダメージはマジ痛恨でした。

 

 

今まで我慢してきたのも、建物は間違いなく良いものが出来る、

と信じていたからです。

「知り合いの腕の良い大工に頼む」ハズでした。

そしてその見る目は、今でもある程度は信頼しています(笑

まだ信頼してるのかい!って声も聞こえますが(笑)、後述するのが理由です。

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし蓋を開けてみれば、

 

知らない大工、
そしてその知らない大工(棟梁)の施工現場を ( ゜∋゜) が確認して、手刻みを止める、床ガラリ、床下点検口、床コンセント細かい施工は手間を理由に難しいと拒否してきました。
つまりある程度技量を見る目はあるんですよねー。ただ棟梁と仲間が想像よりも下手だったと(笑

 

 

こんな感じの施工は難しいとの事でした。

f:id:hirosshiii:20170907164552p:plain「床下点検口」の画像検索結果

至って普通の施工だと思いますが・・・

 

 

 

 

そしてその結果が我が家です。

 

 

完全に終わったと思いました。

 

 

f:id:hirosshiii:20170131082145p:plain

 

 

蜷川のために今までどれだけの我慢してきたか、その事が走馬灯のように駆け巡りました。

 

 

f:id:hirosshiii:20170131082145p:plain

 


その我慢、ストレスを考えると今にも爆発しそうでしたが、グッと堪え、そして言いました。

 

 

 

 

 

精神的ダメージがこれからどの位回復するか、それ次第でオープンハウスをするかどうか考えます。ですのでこれかの監理に対する姿勢を見させて下さい。

 

 

と。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すると、

 

 

私が一生懸命やってないように見えますか?

( ゜∋゜)f:id:hirosshiii:20170911084855p:plain

 


と返されました。。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:hirosshiii:20170131082215p:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんせ蜷川の強さはハンパありませんf:id:hirosshiii:20170907082738p:plain

 

私が知る限り生物最強のメンタル。

 

そう King of mental       King of Kings ninagawa なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

( ゜∋゜)

King Ninagawa氏

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最初の工程表、予定表では1ヶ月間、ずっと土日をオープンハウスにすると記してあるものを私に渡してくる程の猛者です。

そんなオープンハウスに並々ならぬ意欲を持っているヤツなので、今回の私の発言には甚く気分を害していた様子でしたf:id:hirosshiii:20170907082738p:plain

この事からもメンタル最強の呼声が高いのも頷けますf:id:hirosshiii:20170907162955p:plainf:id:hirosshiii:20170907163125p:plain

 

 

 

 

そこまで言うなら、今後を注視してみましょう(笑

 

そしてオープンハウス?

ええ完全無視してやります(笑

 

 

フフフ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところで

大工の山本さんと早速呑みに行きました。

もちろん蜷川抜きで(笑

山本さんは、「あの板金屋さんは凄いね~、他の現場も見てるけど抜群!」

「基礎屋さんも腕いいよ~、あの人の現場は間違いないよ」

「ただ大工は酷いね~。手直し大変よ~(笑)」

建売レベルの大工が注文住宅をやると今回みたいな事になるよね

「しかし蜷川さんは材料の手配にしろ何にしろ段取り悪いね~(笑」

などなど話しながらココぞとばかり、これまでの蜷川の悪行の数々を披露し山本さんを驚かせ、そして少しスッキリしました(笑

 

 

確かに板金屋さんは登って間近で確認しましたが非の打ち所がなかったです。

全く歪みも何もない、素人でも分かる美しさ。
思わず、「とても・・・美しい・・・・・・・・。f:id:hirosshiii:20170722120043p:plainんんんん~。んふふふ~。」(・ω・)f:id:hirosshiii:20170722120016p:plainf:id:hirosshiii:20170722120043p:plain
と感じてしまいました。

 

基礎屋さんは家の基礎は軽いジャンカ1箇所だけですし確かに悪くなかったです。
ただ倉庫の基礎には結構あったので普通レベルかなと思うのですが・・・。

 

 

 

 

 

 

そんなこんなで、今まで通り穏便に済ませようと我慢していましたが、

とうとう蜷川には、一度しっかり意見しなければならない

なと思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今更何故かって?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは既にまた色々やらかしてるからですf:id:hirosshiii:20170907082738p:plain

 

流石に今回の件の後での出来事でもあり、閾値が下がっているため我慢するのは無理ですね。ヤッてきますよ(笑
蜷川劇場に出演するのは飽きました。これからは観客として楽しもうかと(笑

関係は完全に崩壊しますが仕方無いです。

 

その内容は気力があれば書こうと思います。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ

 

 

 

蜷「んんん!いつでも全力投球です!んん!( ゜∋゜)f:id:hirosshiii:20170213114806p:plain

 

現在のところ、最後に笑顔で終わる確立0%

 

クレームの後の現場にて

クレーム出ししたのは大工さんが長期休暇に入る前日。

 ( ゜∋゜) に施工について話がしたいと伝えました。

 

お互いの予定を合わせて会ったのがその1週間後(前回の記事)です。

その間、現場は休暇中でした。

 

 

 

そして休み明け当日のお昼時、棟梁さんに、

お陰様で、新築ブルーになった事などを話しました(笑

皮肉たっぷり増量にてお届けしました(笑

 

 

もちろん、

大工は代えたいが  ( ゜∋゜) が代えると言わない、

( ゜∋゜) も代えたいが今更代えれない

なども話しました(笑
棟梁との信頼関係云々は放置して、今まで溜まっていた蜷川への愚痴をメインに(笑)、施工の不満をたっぷりと言わせてもらいました。
これで多少スッキリしました(笑

 

 

 

その翌日の夕方、 ( ゜∋゜) より明日から大工さんを休ませる旨のメールが入りました。

工務店側が現状を考えると1週間程度冷却期間を設けてから再開した方が良いだろうと判断したようです(笑
まぁどっちでもイイ内容です。

 

 

その後、その冷却期間への入り方に対して  ( ゜∋゜) は激怒。

そして、激怒した報告が入りました。
もう好きにしてくれって感じです(笑

 

 

 

 

 

 

ちなみに蜷川激怒ポイントは、

 

① 朝、工務店の社長が棟梁に現場を1日かけて綺麗にするよう指示

② 10時頃に棟梁に社長から電話が入り昼までで切り上げるよう指示

③ 棟梁困る⇒その旨を蜷川に伝える

④ 昼頃、棟梁帰社

 

上の①~④のうちのどれでしょう?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正解は、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でした(笑

 

 

蜷川曰く、

私なら社長に、「現場を綺麗にしてから帰ります」ハンサム の画像f:id:hirosshiii:20170722120043p:plain

と伝えるらしいです(笑

私はサラリーマンなので棟梁の気持ちが分かりますが、蜷川美学に反したのでしょう(笑
どちらにせよ、これまたどーでもイイ内容です。

 

 

 

 

 

 

兎に角、そんなワケで、

新しい大工が見つかるまで現場は休みとなりました苦笑 の絵文字

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回の件は、

 

①蜷川の監理不十分 
②蜷川が選んだ工務店(大工)の技量を誤った
③施主に対してホウレンソウが無い

 

が故に起きたのは ( ゜∋゜) に確認しましたよ(笑



 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてこの対応

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さすが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

蜷川強し

最強です。f:id:hirosshiii:20170126111614p:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ

 

 

 

蜷「ん!大工に宛はありません!んんん!( ゜∋゜)キラキラ の絵文字

ひ「・・・(・ω・)

 

かなり施工が粗いのでクレーム

まず感じた不満点として、

 

 

(上棟当時から違和感を感じる空気。)
まるでお通夜のよう・・・(笑。やらされた上棟式だったので残念感だけはハンパなく高い。
これでは連携が上手くいかない ⇒ 粗い施工がますます粗くなるというマイナス、マイナスの関係を予感させました(笑

 

手伝い大工は間違いなく施工が粗い。
打ち抜き、打ち込み忘れ、打ち込みの深さ、打ち込む位置、面材の隙間、ズレ、カット精度etc。挙げればキリがない。適当にやってるのかな?と感じさせるレベルです。 
そして建売のような打ち込みスピード。
パンパンパン。パンパンパパパンパンパンパン。
リズム感出して遊んでるのかな(笑

 

棟梁と手伝い大工の関係が微妙(笑
お互いを呼ぶ感じ、距離感、空気感。ある意味無駄口は少ないけど・・・。

 

棟梁の指示入れがしっかり出来ているのか不明。
上の理由が原因ですね。

 

棟梁の技量が並だと思うけど不明(笑
棟梁がやってる箇所はある程度分かるので、それを見る限り比較的丁寧かなと。
ただ打ち抜きなどがそれなりにあるのは間違いない。性格的はまぁ真面目な部類かと。

 

ゴミがそれなりに落ちている。 
これは人によって感じ方に差があるので深入りしません。

 

 

現地にて ( ゜∋゜) に上の不満点を伝え、確認しながら「説明出来ない施工は無いですよ」なんて話をしました。

 

蜷川さんからは何故あの工務店と棟梁になったかの説明があり、棟梁の施工現場は見たけれど大丈夫と判断したとの事です。ただ技量的に手刻みは止めたと言いました。

 

「んん。しっかり工務店の社長、大工に伝えます。ん。」( ゜∋゜)

 

と言ってこの日は終了。

 

 

 

 

 

翌日

 

 

別件と施工の気づきがあり現場で打ち合わせ。

 

( ゜∋゜) さんから昨日の問題点に対しての回答がありました

 

工務店に確認したところ、適当な施工をしようと思ってした訳ではないとの事でした!んん。」( ゜∋゜)f:id:hirosshiii:20170722120043p:plain

「ですので大丈夫です。ん~。」( ゜∋゜)f:id:hirosshiii:20170722120043p:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・。

 

 

は~。この人マジアホだわ。。。
どうかしてると思ったことは何度もあったけど(笑)、
アホだったとは気が付かなかった・・・。気が付かなかった私もアホか~(笑

 

 

 

 

「施工する人も変わらない、真面目にやってあの施工」(・ω・)

「つまりこれからも何も変わらないという事ですね・・・・・・」(・ω・)

なんて軽くつぶやきました。

 

 

ええ完全に終わりました。

あとはクレームを出したので多少施工が丁寧になる事を期待するしかないです。

 

そう言えば事前に蜷川さんに棟梁の技量をやんわりと聞いた時に、「棟梁ですから」という発言があったのですが、その蜷川的「棟梁」の基準って何なんだろう?と思いました。

 

 指示出しも下手、人間関係を作るのも苦手、施工は並。

それで棟梁と呼べるのかな~。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あ~あ

ホンマ蜷川にした意味がないんですけど

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

再び

 

 

 

 

 

 

 

 

くそ~蜷川め~。

マジ許さん!

(-᷅_-᷄๑)

500%

 

 

 

 

 

 

 にほんブログ村 住まいブログ 国産材・地域材住宅へ

 

 

 

 

蜷「社長に伝えたから大丈夫です!ん!( ゜∋゜)キラキラ の絵文字

ひ「f:id:hirosshiii:20170202135811p:plain(・ω・)f:id:hirosshiii:20170202135811p:plain