Monthly Casuhous ( ゜∋゜) Carp

カープファンの家造りブログです。

蜷川造成( ゜∋゜) 前書

造成については記事にしようか迷いました。

 

あまり細かく書くと知っている人が見たら分かりそうですし。

それに以上に、非常に疲れたので記事にする気も無くなっていました。

 

しかし最近他ブログでトラブル記事を読む機会があり、そこから他のトラブル記事を読んだりとしている内に読み逃げしてるのが申し訳なくなりまして・・・

 

やはり不幸は出さないと。という気になりました。

 

 

という前置きをして期待を煽っておきます(笑

 

 

 

 

にほんブログ村 住まいブログ マイホーム計画中へ
 カープ

 

 

 

蜷「ん~。とうとう記事にするのね~。んんん~。」( ゜∋゜)

蜷「何で今までしなかったの? んん~。」( ゜∋゜)

ひ「分からないですか?」(・ω・)f:id:hirosshiii:20170202135811p:plain

内部結露の迷宮

今回のお題は、

 

またまた内部結露について

 

です。 

 

 

内部結露は換気ほど迷宮が大きくないですが、それでもナカナカの迷宮っぷりです。

迷い込まされてちょっと彷徨っています(笑

 

 

 

 

なぜ迷宮入りしたの?

と気になることでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・それは花粉が凄まじく猛威を奮っていた日の打ち合わせでの出来事でした。

議題のメインは付加断熱についてです

といっても予算は無いので費用はどのくらいなのかを確認しているだけですが(笑

 

そんな最中に彼 ( ゜∋゜) は驚くべき発言をシレッとしました(笑

 

蜷「ん~。もし付加断熱するなら防湿気密シートを充填断熱材の外側に施工した方が良いらしいですよ~」( ゜∋゜)

 

ひ「えっ?」Σ(・ω・lll) 

 

蜷「んんん~。」( ゜∋゜) 

 

 

 

 

話を聞いてみると、どうやら材料の順番は室内側より

 

ザバーン、断熱材、防湿気密シート、構造用合板、付加断熱材、通気層

 

とした方が良いそうです。

普通は付加断熱の外側に透湿防水シートを入れますよね^^

 

何が何でも断熱材を守る!

という意気込みは感じます。

でもどうせならザバーン止めて防湿気密シートで挟んだの方がいいようなとも思います。 それに付加断熱材が全く守られていないのもどーなんかなと。
かと言ってさらに付加断熱の外側に透湿防水シートを張る必要ある?という感じもします。コストを考えると3枚張りは勿体ないので付加断熱材の外側に防湿気密シート施工した方が良いのかな?とも。

 

でも現在の湿度処理は透湿、調湿傾向なんですけどねー。
防湿したところで施工精度や経年劣化により湿気は入り込みますし。
そうなれば透湿、調湿により湿気を逃がすべきかなと。

内部結露を解消するための考え方は透湿抵抗値を計算することによって解決している筈ですが、湿気をどのように処理するかは未だ試行錯誤なのでしょうか。

まぁこんな迷宮に付き合わされる大きな理由は、気密・断熱に関する知識が ( ゜∋゜) にあまり無い(興味ない)ので専門家や得意とする方の意見で動いており、振り幅が更に大きくなって伝わるんですよ(ーー;

 

と、なんだかんだ考えてみたものの付加断熱入れないなら関係無い話なんですけど(笑

 

 

 

 

 

にほんブログ村 住まいブログへ
につぽん( ゜∋゜)ブログ村

 

 

 

蜷「ん~。気密なんてどーでもいー話。」( ゜∋゜)

蜷「んん~。セロテープ使うよ~。ん~。」( ゜∋゜)

ひ「・・・無理です。」(・ω・;)

浴槽2 リフォームを見据えた家づくり

ちょっと生意気なタイトルにしてみました(笑

 

 

で、今回のお題は、

 

またまた浴槽について

 

です。

 

 

前回浴槽で悩んでいましたが結局ホーローに決定しました。

大和重工 キャスティエ CIEー1475です。

f:id:hirosshiii:20170423102814p:plain

地元企業の手頃な価格の商品。非常に良い組み合わせ。
スクエアなデザインも◎です^^

 

 

 

 

 

ところがとある日・・・

 

打ち合わせにてある事に気がつきました・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは、

内壁を破壊しないと浴槽が出せない 

らしいです。

お風呂は外壁に面してないので壊すのは室内側の壁になります。

 

 

浴槽を出す必要があるの?

なんて声が聞こえてきます。

 

 

 

 

ですがひろっしーは言わせてもらいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

出す必要は、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アルンデス!

 

 

そうリフォームの時、そして錆が出るなど不良が発生し交換する場合もです(笑

 

 

 

そんな万が一とか先の事考えなくても・・・

なんて声も聞こえますが、考えてしまうから仕方が無いです(笑

家造りも早数年。これだけやってれば耐用年数も含めて考えてしまいます(ーー;

 

 

 

 

 

なぜに浴槽が出せないの? 

と疑問に思う方も多いと思います。

我が家は在来のクセに狭いので扉の幅が内寸700㎜、浴槽が750㎜。重量を考えると800㎜は必要との事です。
浴槽の外寸高さが575㎜なので横に倒して運べば可能なんですが、重量を考えると倒して運ぶのは難しいらしいです。

引戸を採用できれば800㎜は可能なものの間取と防水の観点から無理。
ドアの幅を広げようにも耐震性と尺モジュールの縛りがあり無理なんです。

 

そんなシュミレーションしなくてもリフォームの時は壁壊すでしょ? 

と思っている人が多いでしょう(笑

確かにリフォーム時には全部壊す可能性は高いです。だけど万が一浴槽のみ交換となった場合、 金銭的ダメージ 琺瑯を入れたい欲求 でした(笑

 

 

諦める理由は他にもあります。

浴室は通り抜け用に2箇所の出入口があります。
2箇所共にドアドアの予定だったのですが、1坪の浴室に2箇所の出入口を設けたため、なんと片方は 
おれど! ・・・になってしまいました。

折戸に琺瑯。。。 
それだけ聞くと
昭和のアイテムですが昭和は望んでいません(笑

狭苦しい浴室に折れ戸、そんな状態でお気に入りのホーロー入れても・・・という気持ちになりました。

という訳で結局ハーフユニットというオチになりそうです。

  

 

まぁそもそもですよ。

在来浴室なんて予算に余裕のある人がやるものです。
口を開ければコストコスト、予算予算、カネカネと言っている私には不釣り合いですし分不相応です。
1616サイズという小さい面積しか確保できず、折れ戸なんて物を採用している在来に何の魅力があるのでしょうか?いや無いのです。
つまり狭苦しくみっともない在来をお見せせずに済んでよかったのです!

という感じで自分を納得させようとしています(笑

ホーローにしたかった~

 

 

 

ちなみに纏めて大きくリフォームするのは20~25年後と想定しています。住設はその都度若しくはエリア毎に纏めて適宜と考えています。
家の使用年数は50年想定です。その頃は人口減少で周りに人家は無いかもしれないですねー。
半分マジメにそう思います。

そして窓まわりは20年以内にパッキン劣化でガラスの気密性が低下⇒カビでドロドロになり、リフォームまで我慢して纏めて交換と想定してます(笑

その時に同じ窓枠に合うサッシが発売されているとは思えないので、
外壁を壊して交換気密、断熱もやり直しお金 の絵文字
お金 の絵文字f:id:hirosshiii:20170420110030p:plain 
厳しいな~。

 

 

 

話を元に戻して(笑、ハーフユニットバスのメーカー検討をしました。

 

といっても我が家の変形した間取りで対応できるのは日比野化学工業しかありません。

この会社はオーダーで2箇所入口対応です。

 

 

f:id:hirosshiii:20170401123012p:plain

 

 

ぬぬぬ。

ナカナカの質感でしょう(笑

ちなみにマテリアルはFRPです。

いやー、折れ戸とFRP。これまた昭和です(笑 でも我が家には丁度ですね^^

 

そして見積りですが、何故か在来より15程高いとの話を頂きました(笑

 

・・・蜷川さん。 ホントどーなってんすか?(笑

 

でも蜷川さんが金額をハッキリ教えてだけでも凄い事です。

蜷川見積りはミステリーです。。。

 

 

 

にほんブログ村 住まいブログへ
にほむブログ村

 

 

 

蜷「ん~。ハーフユニットにするなら風呂なんてどーでもいーね。ん~。」( ゜∋゜)

ひ「どーでもは良くないです・・・・・」(・ω・;)

蜷「そーいえば、とある家ブログが終わったよ。んん~。寂しいね~。ん~。」( ゜∋゜)

ひ「確かに繋がれる場所が無くなるって寂しいですね。」(・ω・)

澄家のネガに対するメーカーの見解

前回長々と書いた記事の続きです。

 

hirosshiii.hatenablog.com

 

あれから澄家のメーカーの方(マーべックス)とお会いました。

メーカーサイドとして床下の汚れ、そして空気が想定通り動かない懸念、はどのように考えているのか? 
もしある程度認めているならそれに対する対策提案はあるのかと、
メーカーの提案するガラリ・排気口の配置を知りたいからです。

 

メーカーの換気プランを確認すると、ガラリと排気口の位置が正反対に近い状態で配置してあります。この配置であればある程度動きは出るなと思いました。

しかし2階に関しては床下排気のため上方の空気はかなり動き辛いと思います。その話をするとエコエアーの提案を受けました。エコエアーの前にトルネックスの外気清浄機を取付すれば尚良いと。

屋外からの給気はマーベックスのフィルターで、室内の空気はトルネックスで綺麗すれば非常に良い空気清浄換気システムが出来ますとの事です。

それはもちろんそうでしょう。その分コストが上乗せとなるワケです。厳しいな~

またエコエアーは2階の天井設置なので、天井の殆ど無い、そして2階屋根の高さが違う我が家にはあまり向きません。もちろん効果があるのは間違いないですが、そんな大袈裟なシステムにしないでも・・・とも思います。

2階に2箇所シーリングファンを設置することである程度補えればと考えています。
なんせ安価ですし。

 

床下の汚れに関しては、「全く汚れない事はないけれど気にするレベルではないでしょう。気になるようならエコエアーの前にトルネックスを・・・」という見解でした(笑

エコエアートルネックスシステムは2度聞かされました(笑

 

空気の動きに関してはメーカーサイドも認めている部分であり、床下の汚れに関しては微妙なラインというのが現状でした。

澄家を入れて20年という住宅のリフォーム工事が出てくれば、その時に初めて床下の状態が明らかになり、そこで何らかの抜本的な改善があると期待しています。

 

 

にほんブログ村 住まいブログへ
ジャパンブログ村

 

 

蜷「んんん~。やっぱり3種。パッシブ換気!ん~。」( ゜∋゜)

ひ「外観に影響がなければパッシブ換気なら大歓迎です」(・ω・)

2017年チケット売り切れ

今日はカープの話題です^^

 

f:id:hirosshiii:20170321101048p:plain

 ⇧を一度張ってみたかった。嬉しいです^^

 

 

久々にカープなんですが、タイトル通り指定席完売です。

内野自由席、車椅子は残ってます。

 

これで今年は見れません。

 

遠征に何回行けるか計算中です。予算が厳しいので鈍行、バスなどです。

遠征はドーム球場限定にしていましたが無理ですね。

雨天中止覚悟でオープン球場も攻めます。

 

 

にほんブログ村 住まいブログへ
にっぽんブログ村

 

 

蜷「・・・・・」( ゜∋゜)

ひ「興味ないからコメント無しですかw」(・ω・)

ひ「本音は少し弱くなって少し売れ残るようになって欲しいです」 (・ω・)

ひ「野球は球場で見ないとあまり楽しくないです」(・ω・)f:id:hirosshiii:20170314131651p:plain