Monthly Casuhous ( ゜∋゜) Carp

カープファンの家造りブログです。

制振ダンパー

蜷川 ( ゜∋゜) シリーズは完結しました。

もちろん「帰って来た蜷川」「蜷川少年愚連隊」「はぐれ刑事蜷川派」などなどネタには事欠かいてませんので(笑)、ブログへのモチベーションがあればまた記事にしたいと思います。

 

 

 

今回のお題は、

 

制振ダンパー

 

です。

 

 

制振ダンパーは昔のHM契約時に標準採用だったので今回も採用します。

予算オーバーしてますがここは削れませんね。

 

 

 

 

 

検討中のゴムタイプ

 

 

カネシン ヴイ・レックス

f:id:hirosshiii:20170214131936p:plain

特徴など:蜷川さんのお勧め(彼が業者に聞いた)。小型。

導入コスト:50位

 

 

 

 

住友理工 TRCダンパー

f:id:hirosshiii:20170214132451p:plain

特徴など:ひろっしー(かぷっしー)が困ったときに質問したことのある設計士さんお勧
     め。地震応答解析が無料なので素晴らしいとの事。

     蜷川さんは筋交い部分が折れたら大変 ( ゜∋゜) との回答でした。
導入コスト:ヴイ・レックスより10万高。

 

 

 

 

住友ゴム ミライエ

f:id:hirosshiii:20170214132926p:plain

 

特徴など:不明。有名なので知っている。
導入コスト:蜷川さんに出すよう依頼しているものの1ヶ月経過している。

 

 

他 

オイルタイプは車のショックから漏れを経験しているので止めたいと思います。
車と家では比較にならない程使用状況に差がありますが、何となく止めとこうかという感じです。コスト次第では採用します(笑


 

 

 

メーカーが多いのであまり手を広げずに検討したいです。

 

設計事務所物件ブログではそんなに取り上げられてない制振ダンパーなので採用した皆さんはお勧めでサラッと決定なんでしょう。
いいなー。蜷川さんはこちらから提案しないとダメでした。

日経ホームビルダーの2016年11月号に地震と免震装置について興味深い記事が載っているらしいのですが購入しないと見れないので置いてある書店を探し中です。
2,100円とお高いのである程度中身を知ってから買いたいです。

 

 

 

 

蜷「ん~。ポックン見積り聞いてないよ~。んんん~。」( ゜∋゜)

ひ「助けてー」(/゚Д゚)/

蜷川という人

 

今日は皆さんが疑問に感じていることについて書いてみようと思います。 

  

 

 

お題は、

設計士、蜷川 ( ゜∋゜) さんについて

デス。

 

 

 

皆さんは何故そんなにまでして彼 ( ゜∋゜) に付き合うのか?と思うでしょう。

 

契約解除して次行けよー
建売かえよー
マンションかえよー

家建てるなよー
ブログするなよー
カープまけろよー

 

など聞こえてきます。 ふむふむ。後半は関係の無いヤジですね。

 

 

 

私が彼に関して知っている事は下の通りです。

 

名 前:蜷川親当
血液型:AB
性 格:基本的には人当たりが良く誠実。価値観の押し付けはまあまあ強め。
    比較的短気で負けん気が強いタイプ。
その他:食べ物はなるべくオーガニックなものを摂取するよう心がけている。
    

こんな感じです。

 

 

それでは彼 ( ゜∋゜) と建てなければ誰と家を建てるのか?どうするのか?

という点についてシュミレーションしてみたいと思います。

 

 

 

 

 

 

まず建売、マンション、中古物件

建売、マンション、中古物件を買うなら「満足できる場所」は絶対条件です。なぜならこれだけ家造りをしたために(笑)無駄に目の肥えた状態なったので、そういう物件だと建物に関して後悔が押し寄せるのが目に浮かびます。であれば建物は納得できずとも場所は納得できる環境で自分の気持を安定させる必要があります。

しかし学区縛りのある現在、「自由な場所選び」、それは叶いません。中学以降は私立に行くという前提で好きな場所の建物を買い、そこから暫くの間越境通学をさせるというのもかなりの労力が必要です。住むなら街中希望なので(笑

また、私立中学に受かるための努力を子供が果たしてしてくれるか?親が出来るか?
そしてその先に待ち受ける問題もあります。塾代は何とか頑張りましょう。また家庭での学習も手伝います。そうした努力の末に合格したとしても待ち受けるのは強烈な6年間の学費と友達付き合い・・・。

私の兄妹は出来が良く、親は2名程無理をして私立中に進学させました。
そこでの話は今思えば凄い内容ばかりです。
そんな事を思い出すと生活レベルの違う人と一緒に過ごす事で、本来は比較しなくて良い事も比べてしまい辛くならないか、貧乏が原因でイジメの対象にならないか、イジメられないまでも仲間に入れてもらえるか・・・etc。心配です。

散々述べましたが、どちらにしても一人は今年進学なので間に合いません(笑

 

 

 

ではHMはどうか?

昔の記事にありますが、以前地元のHMさん(ビルダーさん)と契約しておりました。
地元ではまあまあ大手で住宅展示場に出展されている会社です。
今の私の家造りに対する価値観を総合的に判断すると、住宅展示場に出展されているような会社は合わないと思いました。

 

 

 

でもアイデザインホームで建てたいって言ってたよね。

確かにアイデザインで建てたいと思っていました。

蜷川台風が吹き荒れている最中、密かにモデルハウスに足を運び営業の方と話をしました。気密、断熱は譲れないという話をすると、アイデザインは比較的安価でそこそこの気密、断熱性とまずまず良い内外装、空間デザインを提供する会社なので、拘りが強い方だと厳しいのですね。宜しければ知り合いが居る一条工務店を紹介しますよ(笑)と言われました。

サスケさんのブログで一条の営業の仕組みを知っていたので「間違いない人を紹介して下さい」とお願いしたところ、「本気で検討する気があるのであれば紹介します。その時には連絡して頂ければ」と言って下さりその場は終了です。

しかし家に着いて考えるとやっぱり「一条は・・・」という結論に至りました。
性能的には最高ですしそれを考えると比較的安価ですが、今まで自由な家造りをしていたので一条ルールに代表される制約が多過ぎる家は厳しいです。

その後定期的に一条から案内が届きます(笑

 

 

 

では工務店

これは良く分かりません。
工務店で検討したのは1社だけ。その工務店は拘りがそれなりにあるので蜷川さんと同程度は制約がありそうです(笑
他にも工務店は沢山ありますし団地にモデルハウスを建てている会社もあります。住宅展示場に出展している会社よりは良質で安価というイメージですが、まともに説明を聞いたことがないので分かりません。

では改めて話を聞いてみたいところがあるか?と言われると特に無いのです。
今までの家造りで作り上げたものを採用してくれる工務店が条件となりますが、また一から探して、訪問して、話をして取捨選択するのも面倒です。

 

 

 

設計事務所

近くの設計事務所3箇所とまぁまぁ近くの1箇所と話をしてイマイチでした。
設計事務所であれば近くという希望があり、他に近くで知っているのは2箇所程。
話をしてみないと分かりませんが頼みたいという感じではありせん。
少し離れてもイイのですが、工務店と同じ理由で面倒です。

 

 

 

 

で結局・・・

蜷川さんに戻ってくるのです。

そこで頼むメリット、デメリットを挙げてみました。

 

 

 

 

f:id:hirosshiii:20170213114815p:plainメリットf:id:hirosshiii:20170213114806p:plain

 

我が家は蜷川さんの独立後初物件となる。
これは当然一番の理由です。
彼の広告塔となるので一生懸命監理してくれる事を期待
してます。

 

自分が分離発注をするのは考えれないものの専門家にやってもらえるのならやってみたい。
蜷川式の場合は自由に業者は選べないけど手配しやすい物は支給して面倒なのはやってもらうという安易な考えを持っており、良質なものを比較的安価でたて建てれるのではと期待してました。
しかし業者が選べないという事はそこに競争も発生せず(笑)、また支給は難しいと
分かったので良質を普通の価格で、に変わりました。
それでもHMで建てるよりは様々な方面で満足度が高いと期待しての事です。

 

2邸を同様の手法で経験済み。
施工方法なども含めて経験している事をフィードバックしてもらえるのは安心です

 

基本的な家に対する考え方は近い。
初めは大好きだったマンションのような家が現在では違和感となっています。
家を見慣れてくると【結局どこの会社でも同じ家に見える】【工業製
品の集合体】と感じるようになりました。
そして目が肥え知識だけが増え続けた結果、手作り感を求めるよ
うになっていました。
RC、S造なら仕方ないのですが木造ですし工業製品の組み合わせでもそこに職人の技術が入ることで手作り感ある家になればと思っています。
私としてはBESSなどの分かりやす~い手作り感でいーんですけどね(笑

 

ある種お金では無い。
これだけ時間がかかっているのである種お金じゃないでしょう。

 

 

 

 

 

ここからはデメリットです。 

 

 

 

f:id:hirosshiii:20170213114911p:plainデメリットf:id:hirosshiii:20170213114929p:plain

 

 

進行がとても遅い
ホント尋常じゃあないくらい遅いです。ダントツのデメリットです。

 

なんだかんだと押し付け強め。
まぁ退かないですね。

 

負けん気が強い。
悪いことでは無いんですが状況次第ですね。臨機応変にお願いできればなー。

我が家は蜷川さんの独立後初物件となる
これはデメリットでもあります。彼の理想とする型を押し付けられた日々でした。
見積りにしてもそうです。見積りを見せないという彼の理想を押し付けられました(笑
今後の施主さんは私が経験して困った部分は大きく減ると思います。
少し柔軟性のある状態で始まるので羨ましいです。

 

 

 

 

 

つまり

次がトータルで彼を超える保証は無い。色々な意味で絶対超えられんですね(笑
完全に消去法です(笑

契約解除してまでねぇ。
まぁしてもいーんだけど。

という感じです。

 

 

 

 

改めて家を建てる理由

子供達もある程度の年齢となり、現在では狭いという理由のみとなりました。
浪漫を求めてた時期もありましたが、今となってはそんなものありません(笑
下の子が高校を卒業するまでの間だけはある程度の大きさが必要なので、当面は借家にでも引越して広さを確保し夫婦だけになれば街中の中古マンションへ、という夢プランを何度も考えました。

しかし今度は介護問題が浮上し始めます。
今は両親共に元気ですが年齢を考えるといつかはサポートが必要になりますし、またそれがいつになるかは分からない訳です。
子供が生まれて暫くは考えもしなかったことですが、チンタラと住居問題を先送りしている間に時は流れましたねー。
兄妹の中でいつの間にか断トツで両親の近くに居る事実。
そして両親も兄妹も私がサポートするであろうと当然のように考えている事実。
もう逃れようのない現実です。
両親との距離も考えつつとなるため夢プランは消えていきます。
少なくともある程度近くからは離れられないし、そして現在の住まいは狭い。
そう家を建てなければという結論です。

そして建てるにあたってのパートナーはやっぱり彼 ( ゜∋゜) ですよ(笑

 

さようなら~f:id:hirosshiii:20170213113430p:plain都会・・・
もう一度都会に住みたかった・・・グハッf:id:hirosshiii:20170131081924p:plain

 

 

 

蜷「んんん~。よく分かりましたね~。んん~。」( ゜∋゜)
 「ポックン。ん~。お金なんてどーでもいーよー。」
( ゜∋゜)

ひ「でもその割に見積りは見せてくれないし、減額調整嫌そうだし・・・ねぇ。」(・ω・;)

見積り後の打ち合わせ4回目

 

まぁ毎度の蜷川台風に振り回されているわけですが、

前回の打ち合わせ 見積り後打ち合わせ3回目 - Monthly Casuhous Carp にて丁寧に説明して分かってくれた蜷川さん。
やれやれと胸を撫で下ろし4回目の打ち合わせ前日となりました。

前回の打ち合わせから3週間。長かったなー、なんて思います。
オモムロにPCメールをチェックすると蜷川さんよりメールが着てました。メール本文には、
「変更プランを添付したので打ち合わせまでに目を通して下さい」( ゜∋゜) というものでした。

ほうほう。今までの図面に提案した減坪案を取り入れて改良されたものがギリギリで出来上がったようです。
ただその日は時間が無かったため、翌日の打ち合わせ前に目を通すことにしました。 

 

 

 

打ち合わせ当日

 

快晴f:id:hirosshiii:20170126111223p:plainです。
気持ちの良い澄んだ晴れ空に今日の成功を確信します。うんうんf:id:hirosshiii:20170126111614p:plain
打ち合わせ時間までに余裕があるため雑用をこなし、ギリギリになってメールの添付ファイルを期待して開きます。

さあ色んな意味でドキドキです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドキドキf:id:hirosshiii:20160726163229p:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:hirosshiii:20170131082029p:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:hirosshiii:20170131082215p:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なんだこのGOMI図面!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァf:id:hirosshiii:20160915100213p:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このまま会うとアウトになりそうなので(笑)、怒りを抑えて敢えてメールを送りますf:id:hirosshiii:20160915100213p:plain
電話だと感情が抑えられそうにないので。

 

ひ「元の図面を改良したもは準備してありますか?」f:id:hirosshiii:20160915100234p:plain

蜷「ん~。ナイです。」( ゜∋゜)

 

ひ「・・・・・」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:hirosshiii:20170202135916p:plain

ドッガーーf:id:hirosshiii:20170131083013p:plain。。。。。となりそうなのを既の所で抑えました。

 

ひ「 f:id:hirosshiii:20170202135811p:plain 」 

ひ「判りました。f:id:hirosshiii:20160915100234p:plain基本的に旧プランをベースとしたいと思います」f:id:hirosshiii:20160915100234p:plain

蜷「んんん~。じっくり話しましょう。んんんんんふ~。」( ゜∋゜)

 

というメールのやりとりの後、いつもの喫茶店で会いました。

怒りは抑えているものの、怒気が溢れ出でてドキドキですf:id:hirosshiii:20170126112254p:plain

もう我慢も限界ですf:id:hirosshiii:20170131083043p:plain

限界を超えたら仕方がないという気にもなってます。

 

 

 

 

 

 

 

喫茶店にて

 

蜷川さんは呑気に「ん~。予算的にん~。厳しいのでプランを~ん~。変えたよ。んんん~」( ゜∋゜) と説明してきました。

私は途中経過の報告もなくいきなり新しいプラン提案、そしてその新プラン提案が打ち合わせ前日のメール。現状のプランが厳しいという報告の後、協議の上で新プラン移行ならまだ理解できます。
しかも前回の打ち合わせから3週間。その時間を無駄にしています。その残念な行為を疑わず実行したカレ
  ( ゜∋゜) がとても悲しく情けなく、そしてとても残念な人に見えました。

 

新プランは今までの希望を踏まえたプランという触れ込みですが全くダメでした。
私の意見を反映させる素振りを(笑)取り敢えずしている程度です。

これだけ打ち合わせをしてきたにも関わらず結局は自分の建てたい家をプランニングする姿勢に呆れてしまいます。

 

そして何よりずーと予算予算と言って打ち合わせを行ってきたのに見積もりを出したら800オーバー。挙句の果てに現プランでは無理と決めつける。
数年前に建てた蜷川邸と同様に ( ゜∋゜) が分離発注して建築するため予算オーバーは予測が出来たのです。それならば予算内に収められるよう今までの打ち合わせ途中で修正を提案するべきです。それを棚に上げて周回遅れで新プラン。その新プランをこれから詰めるのに時間がかなり必要になります。現プランは相当時間をかけて詰めたものなのでそのレベルにするには当然です。
やはり蜷川さんがするべきことは、
現プランでいかに予算内に収めるか、どうすれば収まるかを考えるべきです。

 

上のような事を、やや怒り気味に、しかし角は丸くして伝えましたf:id:hirosshiii:20170126113629p:plain

 

一応は謝罪がありましたが、どーかなー。

負けん気が強いタイプですしねー。

そんなタイプは嫌いじゃないんですけどねー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

妻と今後どうするか相談したのですが答えは出ませんネ。

私はアイデザインでイーんですけど。

 

 

 

蜷「ん~。ポックン負けず嫌いじゃないよ~。だってAB型だよ~。んんん~。」( ゜∋゜)

ひ「血液型は関係ないでしょ」┐(ー。ー;)┌

見積り後の打ち合わせ3回目

続きです。記事は書いていたのですが時間が空いたので前回の記事を載せています。

    

                

 

前回の打ち合わせで再び減坪案を提案しました。

hirosshiii.hatenablog.com

 

その時いつもの「ちょっと検討しますね( ゜∋゜) 

という言葉と共に立ち去り今回の打ち合わせとなりました。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

いつもの喫茶店で待ち合わせ。 

 

 

 

ひ「どーも」

 

蜷「どーも」( ゜∋゜)

  

ひとしきり雑談f:id:hirosshiii:20160816135059p:plain

 

蜷「ん~。ところでちょっとイイですか?ん~。」( ゜∋゜)

蜷「んん~。プランについてなんですけど・・・ん~。。」( ゜∋゜)

といって新たなラフプランを見せてきます。(2回目)

またか~とは思いましたが、取り敢えずは見ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                 

ドキドキf:id:hirosshiii:20160726163229p:plain(2回目)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                    

f:id:hirosshiii:20160710223933p:plain (2回目)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんだこのKASU図面!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハァハァハァハァハァハァハァハァハァハァ(2回目)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 かぷっしー・・・はもうやりません(笑 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以前の打ち合わせの時に、

hirosshiii.hatenablog.com

 

怒りを抑えて話をした事が全く意味をなさず、ヌケヌケ ( ゜∋゜) と再びベースとなる図面を全く無視したラフを出してきたので目眩がするのを堪えながら、ベースの図面の利点、ラフプランのしょーもなさ。意味の無さ、時間の無駄、について丁寧に説明をしました。その間何度も蜷川さんは○○の位置が~、北側は~、南側は~、などなど言ってましたが、

 

 

コレがイイんです!
コレで行きましょう!
と説き伏せました。

今回は完全に怒りは抑えました。笑顔でにこやかにです。家造りで忍耐力アップしました(^^;

 

どうしても蜷川さんは図面を変えたいらしいですねー。

位置が気に入らないとか何とかあるらしいですー。150%

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなん知るか!

秘技600%返し!

 

 

住むのはオレです。それに一般的なセオリーを無視してる訳ではありません。

こんだけ打ち合わせしてて未だ価値観の押し付けしてくるのには勘弁して欲しいです。施主の価値観を理解して落としどころを探るのが筋でしょう。お互いの意見を合わせた末に現在の間取があるのにそれを理解していないのか独りよがりな図面を押し付ける。
もう勘弁して~。。。

 

今回はかなり丁寧に優しく説明したので大丈夫かなー?

多分・・

しかしもうどうでもイイネ。コレ本心ヨ。まだ遠回りに付き合わないとイケないか-。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 住まいブログ マイホーム計画中へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

蜷「ん~。ポックンが時間をかけさせてる訳じゃないよ~。」( ゜∋゜)

蜷「んん~。あなたに付き合ってるからだよ~。ん~。」( ゜∋゜)

ひ「はいはい。」┐(ー。ー;)┌

・・・スミマセン<(_ _)>

本当のチームMVPについて

今シーズンセリーグ優勝を果たしました。

もちろんキーマンが居たからです。

 

MVPとして受賞した新井はもちろんですが菊池涼介の名前が多く挙がる思います。

普通に考えればダントツ菊池です。

守備で失点をどれだけ防いだか。

UZRを見ても一目瞭然。他のErrR、RngRも圧倒。

流石です。

DPRは浅村が上ですが


  

 

 

しかしかぷっしーの考えは違います。

 

 

 

 

ではあっさりと発表します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でろでろ

 

 

 

 

 

 

デン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

27 會澤翼 です!

 

 

 

 

 

 

 

パチパチパチf:id:hirosshiii:20161206100555p:plain

 

 

 

 

 

 

 

受賞理由ですが、

彼のお陰で石原が正捕手だった。

この1点です。

 

今年の會澤は、去年から続く打撃不振といつにも増してのヘボリードが重なり磯村す

らマスクを被る機会もある程でした。

 

石原の捕手防御率(CERA)は中国新聞情報によると2.50、會澤は4.5位だったと記憶し

てます。主要投手相手だけのデータでは石原2.65、會澤3.94。

それらを勘案しても會澤には打撃という売りがあり、近年は積極的にスタメンマスク

に選ばれていました。

結局リードで失点しても少しは取り返してくれる。打席にただ立つだけの石原より圧

倒的に期待出来る。そんな消去法で選ばれていた選手という事ですね。

そんな彼の打撃不振のお陰で、ただ打席に立っているだけの石原を使おうと思わせた

のです。

 

 

ありがとう會澤!

今年は選手会副会長も。おつかれさんでした。

 

 

 

今後も會澤の成長を暖かく見守ったとしても成長する頃には若手にバトンタッチする

年齢です。その肝心の次世代は今のところ本命不在なんですよね。

船越が奇跡を起こすか、5年後の坂倉か。

それともまだ見ぬドラフト選手か。

正捕手が決まらないとチームは強くならないので心配です。

 

 

にほんブログ村 住まいブログ マイホーム計画中へ
にほんブログ村

 

 

蜷「ん~。石原は時々打席で粘っているよ。」( ゜∋゜)

ひ「それくらいはしてもらわないと・・・」(^^;