読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Monthly Casuhous Carp

カープファンの家造りブログです。

農業委員会への届出 所有権移転登記 そしてグチ

土地 途中経過

造成代捻出のため少しでも節約しなければならないので農業委員会への届出と所有権

移転登記を自分でしました。

家の近所の司法書士3名に電話で金額を聞いたところ、届出+移転登記で7万~。

移転登記のみで5万~くらいでした。

 

結構面倒くさいと思いましたが、終わってみると簡単(^^

自分でしても良い環境にある方で節約したい方は是非。

私の場合、法務局のミスで3度足を運んだので得した気分は少ないですが(ーー; 

 

 

 

 

 

農業委員会への届出方法

農業委員会での手続き方法です。

 

私の場合市街化区域なので 農地法第5条届出 となります

 

◎農業委員会への届出用紙のリンクです。

 広島市 - 農地転用する場合(権利移動あり)

 

◎それに記入例のリンク。埼玉県宮代町のサイトです。

 https://www.town.miyashiro.saitama.jp/WWW/wwwpr.nsf/712cb96caaeb4d0949256ff00023058c/a4fc19284ca9b32e49257d5e000607e4?OpenDocument

広島市もあるかもしれませんが検索で上位にはありませんでした(^^; 

 

 

必要添付書類は、

◎届出書3部 

◎土地の全部事項証明書

◎位置図

それ以外は必要に応じて委任状、譲渡人の住所が証明書と異なる場合は住所変更

(変換)を証明する書類となります。

 

記入例に基づきある程度記入したら農業委員会に電話をします。

記入内容に間違いがないか確認し、訂正。それに添付書類の確認をしましょう。

位置図(届出の土地を図に示したもの)はゼンリンの地図でいいですよと言われたの

で、職場にあったものをコピーしました。恐らくグーグルでもいいのではないかと。

これらの作業で2万円節約ですf:id:hirosshiii:20160127173254p:plain

 

 

 

 

所有権移転登記

法務局での手続き方法です。 

 

下のサイトから必要な申請書をダウンロードしましょう。

また近くに法務局などがあればそこに用紙が置いてあります。

 法務省:不動産登記の申請書等の様式について

 

書式はWordをベースにして注意事項を読みながら打ち込みます。

ここでの注意事項は、

◎権利者(新権利者)の住民票を添付するので、その住民票に記載してある通りに住

 所を記入する。

◎義務者(権利者)の住所が登記上と異なる場合、住所変更(変換)を証明する書類。 

◎課税価格の下3桁は000にする。

◎念のため日付は全て空欄にした方が無難。

 日付を訂正するのは少し手間なので法務局で記入すると良いです。

◎農業委員会の届出がある場合、申請書の添付情報に「農業委員会の届出書」と記

 入、他に添付書類がある場合も同様。

 

添付書類

◎登記申請書【Wordをベースに作成】

◎登記原因証明情報【ネットから拾って作成(売買契約書、贈与契約書など)】

  作成したものの、相談員さんが贈与契約書を返してきたので結局使いませんでしたが・・・。

◎必要に応じて委任状【ネットで拾って作成】(その場合は委任者の印鑑証明書)

◎固定資産評価証明書(登録免許税算出のため必要です)

◎新権利者の住民票

◎登記識別情報又は登記済証(昔の物件だと無い場合も多々あるそうです)

◎(農業委員会の届出がある場合は届出書)

◎(義務者の住所が登記上と異なる場合は住所変更(変換)が証明できる書類)

 

以上を用意の上、管轄法務局の相談コーナーにて書類を確認してもらいます。

相談コーナーは予約不要です(広島の場合)。

訂正箇所があれば訂正し、登録免許税分の印紙を購入、添付して提出します。

 

疑問点がある場合は相談コーナーに行く前に法務局の出張所などに電話して内容を確

認してからの方が間違いないです。

私は出張所だしヒマかなー?と考えて電話しましたが、予想通り直ぐに繋がり相談で

きました(笑

 

普通な場合なら、上の資料を持参して、混んでいなければ20分もかかりません。

私の場合、法務局の職員が登録免許税を間違えるというミスを2度も犯して3度足を

運ぶ事となりましたが・・・。

 

 

一度目の電話では登録免許税が多いという内容でしたf:id:hirosshiii:20160127173254p:plain

喜々として法務局に出向くと職員さんの計算ミスが発覚。

金額は間違っていませんでした・・・f:id:hirosshiii:20160305134827p:plain

ダメージ大。ガッカリです。

 

二度目の電話は登録免許税が少ないf:id:hirosshiii:20160226175540p:plainという電話でした。

法務局の相談員、職員とチェックを受けて訂正されなかった金額です。

納得できかったのですが、行って納付しました。

 

税率は決まっているので計算はとても簡単です。私は間違えましたが・・・f:id:hirosshiii:20160910075230p:plain

しかも相談員さん、職員さんが何度も計算機で計算して確認していた金額です。

それが何故最後の最後になって少ないという事態が発生するのか?

何度も行ったのに。

郵送でもイイですよと言われましたが・・・

 

しかし疑問に思うのは、市街化区域内の場合2,000㎡未満の所有権移転は農地⇒宅地

のみしか出来ないそうです。2,000㎡なんてそうそうある訳ないし市街化区域の農地

が減るワケです。

都会なら解りますが地方都市などは市街化区域といえど田舎な場所も多いのですし、

もう少し柔軟に対応して欲しいです。

 

 

今後の予定としては固定資産税次第ですが、全部宅地⇒分筆して使用していない部分は地目変更します。

分筆にかかる費用をしっかり考えてからにしますけど。

 

他にも様々問題があって本当に面倒なので、こんな土地に家を建てるならHMにお任せが一番という結論に至りました(笑 

高くても経験豊富なHMが一番ですよ(笑

私はもう遅いですが。。。